好きなキャリア理論【キャリコンサロン編集部】#26

本記事は所属しているキャリコンサロン編集部にて作成しているnoteの転載記事です。
内容は元記事と同じです。


週の真ん中のアウトプットであるnoteを、急に涼しくなった気候の中で震えながら書いている奥山です。

今年入会したキャリコンサロンの中のひとつの活動であるキャリコンサロン編集部は、養成講座時代のテキストを漁りまくったかもしれない集団です。


今週のテーマは“好きなキャリア理論”ということで、ついにキャリコンらしいテーマが降ってきたことに、戦々恐々としていますが、さらっといってみましょう!!

好きなキャリア理論 第3位

これは計画された偶然性と言い換えることができますが、基本的に世の中の全ての事象はこれだと思っています。この理論の好きなところは、計画偶然という相反する言葉が1フレーズに収まっている点です。簡単に例を挙げれば、性格が真逆な男女が仲の良い夫婦としてまとまっているようなイメージです。(ウチみたいに)

この理論を活用する5つの観点に、①好奇心②持続性③柔軟性④楽観的⑤冒険心が挙げられます。

理論は実践で使ってナンボですので、最近あった事象に当てはめてみましょう。

北九州市滞在中に、現地調査で訪れた小倉城に、ユニクロのカーディガンを忘れて来ました。栃木に戻る直前に連絡し、着払いでの郵送をお願いしました。

これを5つの観点に落とし込んでみます。

①好奇心;北九州市において外してはいけない小倉城はどんな物語を持っているのか、気になり訪問した。

②持続性;城内の階段が急で足がガクブルになっても、最上階まで昇りきる。そして、休憩スペースにカーディガンを忘れる

③柔軟性;暑かったため、カーディガンがなくても問題なし

④楽観生;置いてある場所がわかったので、今回がダメでも次回来た時に取りに行けば良いし、新しく買っても良い

⑤冒険心;とは言いつつも使い勝手が良いので、ダメ元で着払いの郵送をお願いしてみよう

結果、

続きはこちらからご覧くだだい!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる